建築シートや金網はめまぐるしい進化を遂げる|重要な役割を担う

man

視線を集めるシート

工事

広告として活用しよう

ビルや住宅を建築しているときには足場を使うことが多くあります。そのときは足場シートを設置することは大切ですが、多くの企業で無地の足場シートを取り付けています。しかし、それでは、もったいないです。というのも、最近の足場シートは広告を張ることが出来るのです。
広告を貼るというのは、企業のロゴや名前をプリントして、道を通る人達に企業のことをアピールすることができます。
アピールする必要があるのかという疑問を持たれる担当者もいるでしょう。しかし、一般の方や同業者、関係者などは足場シートをしている建造物には目が行きがちなのです。そこにどこの企業が工事をしているのか、何を建てているのかなどをプリントしとくことで広告塔として使うことができます。
例としてあげると、建造している建物がマンションだったとします。そこで、入居者を集めるためにモデルルームを開催します。そういったことを足場シートを使って宣伝するのです。
さっきもいった通り、足場シートは視線を集めることができます。そこでマンションを建てていることとモデルルームを行なっているという情報、企業の名前をプリントしておきます。そうするとマンション購入の意識がある方がモデルルームを見に行くようになったり、工事をしている企業に依頼が増えたりする効果を期待することができます。
こういった効果を得るためにも足場シートにプリントをすると良い効果を得られるでしょう。

Copyright© 2016 建築シートや金網はめまぐるしい進化を遂げる|重要な役割を担うAll Rights Reserved.